FOREX CHART ANALYSIS BY USING FOURIER TRANSFORM

2015/04/08

Posted on 4/08/2015 by Ryoun Kasai in , ,
一目均衡表でもっとも重要な数値、9、17、26は単純基本数値とも呼ばれている。これを組み合わせた複合数値というのもあり、また、それぞれには「一節」「一期」「一巡」といった呼称もある。以下に一覧として示しておく。

一節
17二節
26一期(三節)
33一期一節
42一期二節
65(56~72)
76一巡(三期)
129(120~138)
172(163~179)
226(200~257) 一環(三巡)
676一巡環(三環)
これらの数値が何を意味するかといえば、来るべき変化日までの日数なのである。つまり目安となる過去の天底より9日目、17日目、26日目……に重要な変化日の訪れることが多い。転換値、基準値を計算する際、9や26が使われるのもこのためである。

一節は9日。二節は9を2倍し、1を引いて17日となる。この一節、二節は、上昇トレンドでは最初の一波動、中間の押し、最後の一波動。下降トレンドでは一時的止まり、中間の戻りに表れやすいと一目山人は説明している。だが、どうして2倍して1を引くのか。一目均衡表の日数の数え方は、やや特殊なのである。

当ブログで「38日サイクル」というとき、起点となる日は数えずに終点を数えている(あるいは起点を数え、終点は数えていない)。したがって、振動数半分、倍の周期のサイクルは、単純に2倍して「76日サイクル」となる。

これに対して一目均衡表では、起点も終点も数える。二節なら二節を数えるとき、最初の一節の終点と次の一節の起点が重なってしまうため、1を引くのである。

非常に紛らわしいが、一節を8日、二節を16日としながらチャート解説を進めるのは、それはそれで具合が悪い。当ブログでは、なるべく「一節」「一期」「一巡」の呼称を使うことにする。上の一覧を、よくよく記憶に留めていただきたい。

しかし、9を3倍して2を引けば25である。どうして一期は26日なのか。また、どうして一期二節は41日ではなく42日なのか。ひとまずは、そういうものだと納得するしかない。 延べ2000人が、4年(乃至7年)かけて調査した結果なのである。