FOREX CHART ANALYSIS BY USING FOURIER TRANSFORM

2015/11/18

Posted on 11/18/2015 by Ryoun Kasai in , ,
伝説のトレーダーW. D. ギャンの分析手法の中でも、もっともよく知られているのはギャン・アングルであろう。

チャート上に45度の角度、つまりアングルで引かれたライン。価格と時間とが1対1で均衡したものとして、これを最重要の角度とギャンは考えた。この45度ラインをギャン・ラインと呼ぶこともある。

余談ながら、一目均衡表専用グラフ用紙というものがあって、それにも斜め45度のラインが印刷されている。 『一目均衡表 完結編』の付録、 あの「鐘化均衡表」にもしっかり45度ラインが引いてある。一目山人はギャン理論を研究していた可能性があると、そう指摘する声もある。ともかくも、斜め45度のラインは重要なようである。

さて、ギャンは別の角度をもったラインも何本か、補助的に使っている。これを扇状に引いたのがギャン・ファンである。私は「ギャン・アングル」の呼び名に馴染んでいるのだが、MT4内の表記に従って、この記事のタイトルでは「ギャン・ファン」とした。

そう、MT4にも搭載されている。「挿入(I)」をクリックし、「ギャン(G)」にカーソルを置けば表示される。しかし、私は長らくMT4でのギャン・ライン、ギャン・ファンの引き方がさっぱりわからなかった。いまは亡き DealBook では簡単に引けたのである。

無論、Google で検索して調べてもみた。検索上位の数ページ分しか見ていないが、その限りでは、役に立ちそうなサイトは一つもなかった。どのような説明が書かれていたかといえば、だいたい次の2パターンに区分できるようである。

① 45度の角度でラインを引く。
間違ってはいない。この記事の最初に述べた通りでもあるが、しかし、「45度の角度でラインを引く」としか書かれていない。値動きによってチャートの縦軸、つまり価格の表示幅は変化し、チャート上の角度も変化する。ほとんどの会社の提供するチャートがそうである以上、「45度の角度でラインを引く」というだけでは説明になっていない。

② 単純に高値と安値とを結ぶ。
原則として高値、あるいは安値を起点とするのは間違いではない。しかし、高値と安値を結ぶというのはデタラメである。そのときどきの高値、安値によって基準が変化することになり、ギャンが45度を基準とした意味が理解されていない。たまたま機能しているように見えたのかもしれないが、当てずっぽうで教えを垂れてはいけない。

基準となるギャン・ラインの角度は変えてはならない。しかし、値動きによって、チャート上の角度はいくらでも変化してしまう。これは難題のように思えるが、角度を価格と時間の関係に置き換えて考えるならば、実はさほど難題ではない。

要するに縦軸、価格の表示幅がどうであれ、価格と時間の関係をあらかじめ定め、これを動かさずにおけばいい。MT4でギャン・ファンを引く方が、私にとってはよほど難題である。もろもろの詳細については次回、述べることにしよう。