FOREX CHART ANALYSIS BY USING FOURIER TRANSFORM

2015/12/14

Posted on 12/14/2015 by Shigehisa Tagawa in ,


プライマリー・サイクルが4月第2週で終わるのか、6月第2週で終わるのか。上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか。いまだ予測がつきにくい状態です。

ただ先週も述べました通り、初動の大きさから考えるなら、どちらかといえば上昇トレンドとなる可能性の方が高いでしょう。仮に今回のプライマリー・サイクルが上昇トレンドであり、かつ終了時期が4月第2週であるとして予測を進めてみましょう。

59日サイクルが最小値をとるのが4月7日、32日サイクルが最小値をとるのが4月11日。プライマリー・サイクルの終了時期は、その前後になりそうです。

4月11日は10月30日から114日目で、これを3で割れば38日。10月30日から38日目が12月23日で、メジャー・サイクルがボトムをつけるのは、それより少しだけ早い時期でしょう。とすれば38日サイクルが最小値をとる本日、12月14日にボトムをつけそうです。

本日14日は9月17日から63日、10月30日からは一期一節に1日足りない32日を数えます。上の4時間足を見ると逆行現象も起きており、ボトムをつけて反転する条件も揃っているように思えます。ただし上昇トレンドの確証は、まだ得られたわけではありません。

したがいまして買いか売りかについては、どちらかといえば買いです。しかし、現在は上昇への期待よりも、サイクルの性質の見極めの方が重要な局面でしょう。