FOREX CHART ANALYSIS BY USING FOURIER TRANSFORM

2015/12/05

Posted on 12/05/2015 by Ryoun Kasai in ,
ヘッジファンドの帝王ジョージ・ソロスも逸話の多い人物だが、なかでも私が好きなのは次のような話である。

あるパーティーでの席上、隣り合わせた小説家のメアリー・ブレステッドにこう尋ねられた。初めてお金儲けが好きだと気づかれたのは、いつ頃ですか。ソロスは、こう答えたという。

「金儲けは好きではありません。ただ、うまいだけです」

贅沢も好まず、どこか求道者の雰囲気さえただようソロスだが、そんな彼が20代の頃、哲学者カール・ポパーに心酔していたのは、そこそこ有名であったりする。彼がたびたび語る可謬性 fallibility も、ポパーの哲学を継承したものである。

哲学に対しては相当、未練があったらしい。1995年、ソロスはウィーンの人文科学研究所で「挫折した哲学者の再挑戦」と題する講演をおこない、こう述べている。

金儲けの大切さも承知していますが、いずれは偉大な哲学者として認められればと願っています。そうなれば、莫大な財産を築くより、はるかに大きな充足感が得られると思うのです。(M. T. カウフマン『ソロス』ダイヤモンド社

投機家と哲学の取り合わせは、さほど奇妙なものではない。なにしろ「最初の哲学者」と呼ばれるタレスは、世界最初の投機家でもあったのである。

タレスは紀元前7世紀、小アジア西岸の都市ミレトスに生まれている。例のエレクトロン貨も鋳造されて、商工業が隆盛を極めていた時代である。

ある夜のこと、星を眺めていたタレスは井戸に落ちてしまう。「足元のこともお気づきにならないのに、天上にあるものを知ることができるんですか」と下女に笑われる。かと思えば彼は、「世界の根源は水である」などと途方もないことを言い出す。

そんな様子だから、当然のごとくに貧乏暮らしである。

これを見た人々は、「哲学など役に立たない」と馬鹿にする。哲学のために意を決したタレスは、冬のうちに、わずかな手付けでオリーブ圧搾機をすっかり借り受けた。天体に関する知識を活用し、オリーブの豊作を予測したのである。

やがて、オリーブの収穫期。にわかに圧搾機が必要となった大勢の人々に、タレスは言い値でそれを貸し出した。大儲けの彼は語ったという。

「哲学者が欲するなら、金儲けは容易である。ただ真剣に取り組むものでもない」

そう、タレスもまた金儲けが好きではなく、ただ、うまかったのである。この話は、アリストテレスの『政治学』第1巻に記録されている。ソロスが哲学者になり損ねた理由が、その真剣な取り組みにあったとすれば皮肉である。