FOREX CHART ANALYSIS BY USING FOURIER TRANSFORM

2016/02/17

Posted on 2/17/2016 by Shigehisa Tagawa in ,


ユーロ/ドルの日足です。1月5日の安値から引いた1×1ラインを割り込んだあと、フィボナッチ・リトレースメント38.2%ラインに止められている状態です。

現在、一目均衡表三役は好転中であり、基本的には上昇トレンドです。仮に38.2%ラインを割り込んだとしても、買い場を狙っていきます。明日18日は、1月5日からちょうど一期一節。そろそろ反発が期待できるのではないでしょうか。

反発後、天井をつける日付については、以下の可能性が高いでしょう。

・3月3日。31日サイクル、30日サイクルがともに最大値をとります。
・3月4日。2月11日からの二節。また、35日サイクルが最大値をとります。

反発後の目標値は、やはり10月15日の高値1.1494でしょうか。これは12月3日の安値、高値からとったE計算値1.146に極めて近いレベルです。

相場の反転後、最初の高値(あるいは安値)からとったE計算値は重要です。当初、現行プライマリー・サイクルを下降トレンドと見たので、 この計算値の達成は無理と思っていたのですが、いまや射程圏内に入ったといえるでしょう。


このたび、まぐまぐでメールマガジンを始めることにしました。分析対象はドル/円、ユーロ/円、ユーロ/ドル、ポンド/円、ポンド/ドルほかの計14通貨ペアで、もちろん無料。詳細ページはこちらです。ご登録、よろしくお願いいたします。