FOREX CHART ANALYSIS BY USING FOURIER TRANSFORM

2016/03/05

Posted on 3/05/2016 by Ryoun Kasai in , ,


ギャン理論を構成するものの一つにリトレースメント retracement がある。フィボナッチ・リトレースメントと同じで、押しや戻りの水準を判断するための指標である。

ギャンがもっとも重視したのが1/2で、半値押し、半値戻しにあたる。フィボナッチ・リトレースメントでも使う比率である。次いで重視したのが1/4、3/4、3/8、5/8である。1/3、2/3、1/8、7/8も使っているが、さほど重要視していない。

3/8=0.375 となって、フィボナッチ・リトレースメントで使う比率38.2%に近い。また 5/8=0.625 となり、これも61.8%に近い。まあ、近い比率になるのも当然といえば当然で、3、5、8 はフィボナッチ数列である。

ギャンには数学オタクのようなところがあるが、高等教育は受けておらず、フィボナッチ比を知らなかったのかもしれない。あるいは、知りつつ興味がなかったのかもしれない。いずれにしても、近い水準に重要性を見出したことは間違いない。

MT4に「ギャン・リトレースメント」は搭載されていないが、実は簡単に使える。「フィボナッチ・リトレースメント」に25%、75%を追加すればいい。37.5%、62.5%を追加することもできる。ただ私見では、よほどギャンのオリジナル手法にこだわりたい向き以外、元の38.2%、61.8%のまま使った方がいい。

では、実際に日足チャート上でドル/円の動きを追いつつ、このリトレースメントを使って分析しよう。ここではギャン・アングルも併用する。

2013年6月13日に93.78の安値をつけたのち、反発上昇する。7月8日には101.53の高値をつける。7月11日、①②上昇幅の38.2%ラインを割り込んでから、再び反発。その後は、の安値から引いた2×1に沿って上昇している。

7月19日、の高値から引いた1×1を少し上抜いて反転する。その前後で100.60付近が抵抗線になっている。煩雑になるためチャートには書き入れていないが、これは①②上昇幅の1/8であり、②③下降幅の61.8%でもある。