FOREX CHART ANALYSIS BY USING FOURIER TRANSFORM

2015/11/22

Posted on 11/22/2015 by Ryoun Kasai in , ,


どうか、以下の方法でお確かめいただきたい。

8月24日から50日後の11月2日に垂直線を引く。1×1ラインとは価格121.16で交わっている。計算通りである。次に、8月24日から25日後の9月28日に垂直線を引く。2×1ラインとは同じ121.16で交わるはずだが、まるで見当違いのところで交わっている。

1×1以外の8本は、結局、何のために表示されているのかさえわからない。MT4の設計者も、ギャン・ファンをあまり理解していなかったのではないか。

では、どうすればいいのかというと、メニューバー「挿入(I)」からギャン・ファンではなくギャン・ラインを選択する。パラメーターの設定はギャン・ファンとまったく同じで、スケールを100.00にすれば1日10pipsの1×1が引ける。

1本しか引けない? 案ずるなかれ。もう1本表示させて、スケール50.00にすれば1×2が引ける。さらに1本、スケール200.00にすれば2×1が引ける。スケール33.33で1×3、スケール300.00で3×1である。スケール25.00で1×4、以下同様。

そうやって9本引いたのが、記事上のドル/円日足である。昨日のチャートと見比べてほしい。とくに矢印、10月15日の安値をサポートしているのが感動的である。 面倒であれば1×3、3×1を省略してもいいし、1×1、1×2、2×1だけでも充分に機能する。

いよいよ週足、月足の説明へと進む。重要である。1×1を設定する際、日足、週足、月足の価格比率は、原則として 1:2:4 にする。通貨の例ではないが、ジェームズ・ハイアーチェクが商品相場において最適な価格を提示している(ハイアーチェク『実践ギャン・トレーディング』日本経済新聞社参照)。その一部を紹介しよう。

日足週足月足
トウモロコシ1セント2セント4セント
大豆2セント4セント8セント
砂糖4ポイント8ポイント16ポイント
コーヒー50ポイント100ポイント200ポイント
原油10ポイント20ポイント40ポイント
1ドル2ドル4ドル
何が重要かといえば、1×1を設定する際の決め手となる。たとえば日足1×1を10pips(スケール100.00)にするか、15pips(スケール150.00)にするかで迷ったとする。

まず、週足1×1をスケール200.00にしてみる。続けてスケール300.00にする。月足1×1をスケール400.00にする。続けてスケール600.00にする。それぞれのチャートを見比べて、ぴったりはまった組み合わせが、すなわち1×1である。

ただ月足になると値が大きくなるが、スケールには1000.00以上の数値は入力できない。このあたりにも設計者の理解のなさがうかがわれる。ともあれ、以上がMT4を使う限りでの、唯一正しいギャン・ファンの引き方である。お試しあれ。